マルチタスクは効率が悪い!一点集中爆速で仕事を終わらせる方法

マルチタスクは効率が悪い!一点集中爆速で仕事を終わらせる方法

仕事を効率よくサバいていく方法論として
ひと昔前は同時に色々なことを処理するマルチタスクが良いとされている時代がありました。

ところが昨今ではこのようなマルチタスクは
集中力が分散し、結果的に作業効率を落とし
仕事のクオリティが下がったり無駄に時間を浪費してしまう可能性を指摘されています。

現在ではマルチタスクよりも一点集中型の
シングルタスクの方が生産性が高いということで
多くの起業家やビジネスマンが推奨しております。

私Kohdaiも10年くらい前はマルチタスクに挑戦してみたものの、
結果的に頭の中がとっ散らかって上手くいかず、
一点集中型のシングルタスクに切り替えました。

特にフリーランスや自営業者はダラダラと仕事をしていると
なかなか思うように成果が出なかったり、
納期に間に合わなかったりすることが多々あります。

そこで私は、短期集中型で一気に仕事を終わらせる習慣を作ることをオススメします。

シングルタスクとマルチタスクの違いとメリット&デメリット

それではまず、シングルタスクとマルチタスクの違い、
そしてそれぞれのメリットデメリットについて確認しておきたいと思います。

シングルタスクとは一つのことに集中・没頭して仕事をするやり方。
それに対してマルチタスクとは、複数案件を同時並行でこなす方法です。

シングルタスクのメリットとしては一点突破型で一気に集中して仕事に取り組むので、
作業スピードやクオリティが上がりやすいということ。

逆に複数案件を抱えている時には
仕事の優先順位を間違えると納期を守れなかったり、
クライアントからの突然の連絡に柔軟に対応できないなどのデメリットがあります。

その点マルチタスクは、複数の仕事を並行して走らせる方法のため、
何か急に別の仕事が入ってきたとしても柔軟に対応することができます。

なので、一人で沢山の仕事を抱えるときは多くの場合ストレスになるものですが、
マルチタスク型を選択していた場合、
そういったストレスを感じることが少なくなります。

また、色々な仕事をすることが出来るので、仕事の飽きが来づらいというのもメリットでしょう。

しかし、先述した通り、集中力が分散してしまうので、
仕事のスピードが遅くなったり、精度が下がってしまうことが大きなデメリットです。

一番怖いのは、どの仕事に対しても中途半端な成果しか残せないということ。

そういう状態になるとプロとしての本質的なスキルは上がらないですし、
深い部分まで一つの仕事を突き詰めることができません。

これらの理由より、個人的にはマルチタスクよりもシングルタスクをオススメしています。

ちなみにシングルタスクを選択し、一点集中するようになると、
“ゾーン”という極限まで集中力が高まった状態を作り出すことができます。

このゾーンに入ると仕事のスピードやクオリティが圧倒的に上がるんです。

それに何より仕事がめちゃくちゃ楽しくなり、達成感も大きく味わえるんですね。

余計なことも一切考えなくなるので、変な悩みや不安も少なくなっていくでしょう。

シングルタスクの唯一のデメリットである、
プライオリティ(優先順位)とスケジュール管理さえしっかり行えれば、
マルチタスクよりも圧倒的に効率よく、
スキルアップと充実感も得ながら毎日仕事をこなすことができますよ。

一点集中型で爆速で仕事を終わらせるための6つの工夫

ではシングルタスクを成功させ、
スピーディーで質の高い仕事をこなすために
僕自身が心がけている方法をお伝えしていきたいと思います。

これらを実行するだけでより確実に
シングルタスクで高いパフォーマンスを発揮することが出来るはずです。

特に今回お伝えしたい最大のポイントは、
「集中できる環境を作る」ということ。

シングルタスクを成功させる秘訣はこの仕事をする時の環境づくりが全てと言っても過言ではありません。
まずは集中しやすい環境を整えましょう。

1.道具に投資をする

パソコン、机や椅子、仕事をする時の道具には特にこだわりたいところ。

例えば動画編集をする際に
PCの動作が重すぎてはせっかく集中して作業していても
なかなか進まないのでストレスが溜まりますし、頻繁に集中力が途切れます。

そういったことにならないよう、仕事で使う時の道具には
出来るだけお金をかけるようにしています。

2.部屋の掃除をする

部屋が散らかっていると、
それだけで注意力が散漫になり、集中力も低下します。

部屋の掃除をしただけで気分がスッキリし、
やる気が出てきた経験は無いでしょうか?

人は部屋が散らかっていると、
無意識のうちにエネルギーが下がり、
気分や仕事の生産性も落ちてしまうのです。

ですから、まずは整理整頓をし、
特に作業する机や場所には無駄なものを出来るだけ置かないようにしましょう。

3.カフェに出かけて作業をする

掃除する時間が無い、家や事務所で仕事をしていると何となく気分が乗らない。

そんな時は思い切って場所を変えてしまいましょう。

僕の場合はそういう時、
長時間いても嫌な顔をされないカフェに行って仕事をします。

良く行くのはスターバックスかコメダ珈琲店あたりでしょうか。

こういう場所は勉強や仕事で利用する人も多く、
長時間パソコンで仕事をしていても気になりません。

同じような人も多いことから集中状態を作りやすい環境だと言えるでしょう。

とにかく気分が乗らないときは、
場所を変えることで気分も変えることが集中状態を作るための近道です。

4.スマホを見たりネットサーフィンをしない

シングルタスクはいかに目の前の仕事に集中するかが最重要です。

それができなければシングルタスクは失敗に終わったと言っても過言ではありません。

そのために、環境が整ったら次は、集中力を削ぐものは一切排除しましょう。

家ならばテレビは消す。
カフェや事務所で仕事をしている時でも
スマホ・携帯を見たり、パソコンでもネットサーフィンはしないことです。

スマホ中毒になっている人は一度電源を切り、
仕事を終わらせるまでは絶対に見ないというルールを作った方が良いですね。

5.音楽の力を借りる

ここまでやるとかなり集中力を高めて、
作業のスピードを上げることができますが、
音楽の力を借りるとさらに有効です。

ただし、歌詞が入ったものとか
ガチャガチャしている音楽は逆に集中を妨げるのでNG。

オススメはトランスなどの四つ打ちの音楽。

一定のリズムが刻まれることで
集中力が高まります。

ちなみに僕はBrain.fmという集中力を高める音楽を提供してくれるサイトを利用しています。

このサイト、脳科学に基づいてAIが集中力を高める音楽を生成してくれるというもの。

その根拠はどれほどのものなのかわかりませんが、
実際に僕は使用していて集中できているので効果はあるんだと思います。

ただし、Brain.fmじゃなくても
一般に販売されているトランスミュージックなどでも
かなり集中力を高める効果は得られるので、
そういった音楽はぜひ活用してみてください。

また、イヤホンやヘッドホンで音楽を流すと、
周りの声などをシャットアウトする時にも有効です。

ノイズキャンセリング機能がついたイヤホンが特にオススメ。

僕はAirPods Proを愛用しています。

ノイズキャンセリング機能もすごく良いですし、
防水機能も付いているのでランニングの時も重宝していますよ。

6.ポモドーロテクニックを使う

集中力と時間効率をアップさせる技としてポモドーロテクニックも有効です。

ポモドーロテクニックは25分間をひとかたまりとしてタスクに集中し、
その後5分間の休憩をとります。

それを最大4回繰り返すというテクニックなのですが、
これは時間の制限を設けてダラダラせずに
一気に仕事に集中する癖がつくので、かなり短時間で仕事をこなすことができます。

このポモドーロテクニックはメンタリストDaigoなどの著名人も
オススメの時間管理術として推奨しているようです。

ポモドーロテクニックのアプリもありますので、
興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

7.気分が乗らない時は軽い運動を行う

仕事をしなければ行けないけど、
なかなか気分が乗らなくて始められない。

あるいは仕事をスタートしたものの
なかなか集中状態に入れないとき。

そんな時は軽く運動をしてから仕事をスタートすることをオススメします。

朝のジムに行くのも良いですね。
家や事務所で軽い筋トレをしたり、外をランニングするのも効果的です。

運動と仕事の記事でも詳しく書いていますが、
運動はドーパミンなどのやる気ホルモンが分泌されるので、
テンションが上がらずモチベーションが高まらないときなどは
取り入れてみると効果的です。

まとめ

僕の場合はこのような工夫を取り入れながらシングルタスクで仕事をすると
マルチタスクよりも圧倒的に仕事の効率やクオリティが上がることを体感しました。

もちろん、マルチタスクの方があっている、
シングルタスクよりも効率的だという人はいると思いますので、
最終的にはご自分の仕事の効率が上がる方を選択すれば良いと思います。

もしもシングルタスクの方が良さそうだと思ったらぜひ試してみてください。
この記事が少しでもあなたの仕事のお役に立てましたら幸いです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)